遊びでもはんこ

イメージ画像

仕事で事務をやっている人はわかると思いますが、とにかくはんこを使いますよね。
私は会計担当なので、経理処理などをすると私の確認印が必要ですし、毎日現金と預金を合わせて帰るのですが、この時も「ちゃんと合ってました~」って意味で私のはんこ。
お金を引き出すときは会社のはんこ。
とにかくはんこが必要不可欠な毎日です。
まあポンと押せば済むことだし全然苦でもなんでもなんですけどね。
いつも制服のポケットに入れているのですが、たま~に机の中に入れっぱなしで宅急便屋さんが来たりすると「失くした・・・!」とかって一人で焦ってます。

しかし、会社を一歩出ればはんこの出番は全くと言っていいほどなくなりますよね~。
新しい契約とかする予定もないし。
でも、これってはんこっちゃあはんこだよな~ってのがありました。
はんこというかスタンプかな?
はんことスタンプの違いってよくわからないんですが、おそらくはんこ(印鑑)は押した人の証明とか証拠?になるけど、スタンプはならない、とかですかね。
個人を認証する為のものではなく、スタンプは証明っていうか。

確かに、私はたまにクラブへ遊びに行くのですが、手の甲にポンっとスタンプを押されますよね。
一旦外へ出てもそのスタンプを見せればまた入れるっていう。
高校生の頃は普通に黒とかのインクのスタンプだったのに、今では特殊なブラックライトにしか反応しないインクなんですよね。
いや~こんな些細なところにも時代の進化を感じます。

このページの先頭へ